ダイヤ買取の落とし穴。すぐに換金するのは難しい?

万が一なにかしらお金に困るようなことがあれば、「この手持ちのダイヤを買い取りに出してしまおう」、そんなふうに考えている方もいらっしゃるでしょう(笑)。

なんせダイヤモンドは数ある宝石の中でも高価なものとして知られ、「高いお金を払って手に入れたのだから高い値段で買取してもらえる」、そんなふうに思うのもある意味当然のことだと思います。

じゃあ本当にダイヤであれば必ず高く買い取りしてもらえるのか?と言うと、これが一概にそうとも言いきれない問題なんです。

当然一口にダイヤモンドと言っても良し悪しというものが存在し、しかも、その良し悪しを判断するのって結構難しい作業なんです。

宝石買取というと金やプラチナが有名だと思いますが、ダイヤは金やプラチナのようにグラム◯◯円とすぐに換金できるものではなく、鑑定師が石を直接見ないことには正しい買取金額を算出できないんです。

「ダイヤについている鑑定書を見れば良いのでは?」そう思うかもしれませんが、鑑定書だって機会的に作られて物ではなく、誰かが目でそのダイヤを直接チェックして作った鑑定書です。

それゆえ客観的な判断であることは確かですが、それが全て正しいとも限りません。

そもそもダイヤモンドは天然の石ゆえに、同じ鑑定結果のダイヤを二つ並べても、その二つが全く同じダイヤモンドであるということはまずありえないのです。

そういった意味では、正しくダイヤモンドの買取査定をしてもらうためには、それなりの手順を踏んで時間をかけて鑑定をしてもらうしか方法はないのです。

「ダイヤであれば即換金できる」そう思うのは大きな間違いです!

関連サイト紹介⇒ダイヤ買取のカタチ